Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

From The Peak #2 Flute Summit

2011/01/21 Fri

今までで一番多く登った事のある山、フルート(Flute Summit)。
一年中登れるけど、やっぱ冬のスノーボードがいいですね。
降った後の晴れた日なんて…最高です!!

jan19 flute1

White Tusk

jan19 flute2
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

From The Peak #1 Alpha Mountain(2305m)

2010/08/15 Sun

どーも!
夏を満喫していますか?
僕はこの夏一番の大冒険を終えてきました!

「美しい色、音、風が待ている!!さあ、行こう。高みへ!」
自分の歳と同じ数だけ、思い出になる山、登りたいね。山、沢山、おめでとう。」

誕生日に友人からもらった、に響くメッセージです。


というわけで、アルファ(Alpha Mt.2305m)に行ってきました。

アルファは家の玄関から頂上部のみが見える、気になる山でした。

alpha from cottonwood

そしてその麓には、ラブリーウォーター(Lake Lovely Water、以下LLW)という何とも愛らしい名のついた美しい湖があり、近いうちに行ってみようと思っていたので今回はその偵察も兼ねて…。

相棒は、U-TA(Yuta Watanabe)。

alpha u-ta

この写真、いいでしょ。

アルファの山頂にたどり着くまでには3つのパートがあります。

①川の横断(Squamish River Crossing)
②ラブリーウォーターへのトレイル(Lake Lovely Water Approach)
③アルファへのアタック(Alpha Mt.Approach)

①Squamish River Crossing

まずは川を渡らない事には、何も始まりません。
LLWに行きたくても行けなかったのは、この川渡りがあったから。
今回は事前に下見も済ませ、準備万端のはず。

何故こんなに慎重になるかと言うと…。

sq river crossing

こんなだからです。

川面からの高さは10m弱くらいかな?

他にはカヌーで渡るチョイスもあったのですが、上陸する目印が分からなかったのでNG。
次回は断然カヌーですね。
安全かつ早い、そして疲れない。

このケーブル渡り、かなりのハードワークでした…。
登る前に結構なパワーを使っちゃいました。


②Lake Lovely Water Approach

川を渡り終え、次に向かうのはLLW。
全長15km、高低差1200mのトレイルを歩きます。

LLWまでは終始森の中。

llw app2 llw app1

トレイルは登り始めるとすぐに川沿いを進みます。
そしてその川は殆どが滝のような沢。

llw app5 llw app6
llw app3 llw app4

トレイルは滝に沿って進むので急な所ばかり。
いつもの荷物に加え色々背負っているので、一歩一歩がハードでした。

この登りが一番きつかったかな~。

そしてLLWには5時間ほどで到着。

llw app7

正面に見えるのはニオベ(Mt.Niobe)

着いた時には日が暮れかけていたので、早々にキャンプを設営し、U-TA特製うな丼&beerで乾杯!

星がきれいな穏やかな夜でしたが、明日に備えて早めにテントへ。


③Alpha Mountain Approach

いよいよアルファにアタックをかけます!

しかし朝目覚めると外は曇り…。

alpha atck1

アルファの山頂も雲で全く見えない状態。
予報は当分晴れだったのに…山の天気は~ってやつでしょうか?

しかしここまできて諦める訳にもいかず、とりあえず行ける所まで行ってみる事にしました。

2時間ちょいでロシアンアーミーキャンプ(Russian Army Camp)に到着。
名前の由来は不明

alpha atck4

ここからが本番。
自分達の力と装備だけでルートを見つけます。

alpha atck5 alpha atck6

しばらく歩いていると天候が回復!

alpha atck7 alpha atck8-1

歩きづらい雪の上で予定以上に時間がかかってしましましたが、何とか最大の難関と思われる岩場に到着。
ここからはロープを使ってのクライミングです。

alpha atck9 alpha atck10

この岩場を抜けた時点で時間はPM4:00。
僕らが設定したタイムリミットです。
しかし頂上は目前。
PM4:00を過ぎたら引き返すと決めていたので一度は諦めたのですが…。

バックパックをおろし、一気に頂上へアタック!

そして推定時刻PM4:20

alpha atck 11

アルファ、頂き!!

alpha atck12 alpha atck13
alpha atck14 alpha atck15
alpha atck16 alpha atck17

アルファから見る、タンタラス(Mt.Tantalus)の迫力は凄かった!!

いつかタンタラス(Mt.Tantalus)にも!!

あっという間に。

2010/07/30 Fri

7月も終わりですね。

だいぶご無沙汰していました、35歳になったtacです。

最近はログハウスのメンテナンスのバイトに忙しい毎日です。
道具の使い方や色々技術的な事も覚えられるし、楽しくやっています。


さて、勝手に7月を振り返りますよ。
ちょっと長くなります。


7/25,26の誕生日は、ダイアモンドヘッド(Diamond Head)の麓にあるエルフィン湖(Elfin Lake)のシェルターにて一泊してきました。

d-head2.jpg

10kmちょいのトレイルですが後半の5kmは完全に雪道。
足は取られるし滑るし…予想以上に雪が残っていてかなりハードなコンディションでした。

しかしそんな疲れも素晴らしい景色が癒してくれます。
この夜はちょうどフルムーン!!
夕焼けから満月が出て、日が暮れるまでの空のグラデーションがお見事!!

d-head3.jpgd-head5.jpg
d-head7.jpg

今年もいい誕生日を過ごせました。
お父さん、お母さんありがとう!
そして一緒に行ったYukika&Shiho Thanks!


7/23,24はチャカマス湖(Cheakamus Lake)でキャンプ&カヤック。

青く輝く湖面がこれまたお見事!

cheakamus 2cheakamus 1


我が家の畑の様子。

7-25 cucumber7-25 strawberry

イチゴ(右)と今グングン伸びてるキュウリ(左)。
イチゴは甘みが今一つですが、順調にストローを伸ばし始めました。
キュウリも花が咲き始め、小さい実がなり始めました。

7-25 soy-bazil7-25 pepper

一番果の実ったベルペッパーとその他のペッパー類(右)。
プランターで育てている大豆とバジル(左)。
ペッパー類は順調ですね。
バジルはもう2回ほど収穫しましたが、まだいけそうです。
大豆は密に植えたせいもあり、ヒョロってきました。

7-25 tomato7-25 tomato1

8種類9株のトマト達。
大中小色々揃えましたが、みんな順調に育っているようですね。
収穫が楽しみです。

7-25 harbgarden17-25.jpg

奥さんのハーブガーデン。
庭に花があると華やかでいいですね!
今まで花にはあまり興味が無かったのですが、最近はかなり気になる存在になってきました。
食用に薬用に染料に、色々使い道があるんですね~。

7-25 cabage7-25 carrot-beet

葉菜類を中心に植えた畑です。
右の写真は奥からビーツ、レタスミックス、ニンジン。
レタスはかなりの収穫量になってきていて、ニンジン&ビーツも大きくなってきました!
左の写真は大きいのが芽キャベツ、隣がキャベツ、スイスチャード、ケール。
芽キャベツは少しずつ実ってきました。
キャベツは結球しそうでなかなかしない感じ。
ケールはいたって順調で、スイスチャードはぼちぼち終わりです。
この畑には新たに別の種類のビーツを移植し、さらにリークの種まきをし芽も出てきています。

7-25 onion-carrot7-25 soy
7-25 beans-corn7-25 zuccini

一番大きな畑の様子。
左上はニンジンとタマネギ。
順調では無さそうですが、悪くも無さそう…。
右上は大豆。
グリーンハウスのに比べると葉付きはいいけど、背丈が今一つ伸びませんでした。
もう実を付けているのでこんなものなのでしょうか?
左下はツル系の豆類とトウモロコシ。
大分混んだ感じですが豆はもうボチボチ終わりそうです。
トウモロコシは実るかな~?
右下はズッキーニ。
出だしはうどん粉病にやられていましたが、見事に復活し収穫が始まっています!
写真にはありませんがジャガイモの収穫も始まりました。
残念ながら土壌がアルカリよりだったのと鶏糞系の肥料を使ったせいで、ジャガイモの皮にブツブツが出来てしまいました…。
いや~日々勉強ですね。


最後に最近の来客者。

araiguma1.jpgaraiguma2.jpg
bear july
bear july2

熊出没注意!!

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

山部&GREEN LAB

2010/05/28 Fri

その後ずっと曇り&雨の続く、スコーミッシュです。
いい加減野菜の苗達も可哀そうですし、何より僕のフラストレーションが限界に近付いてきています。

だからという分けではないですが、昨日はウィスラーの北にあるクーガーマウンテン(Cooger Mountain)に古代杉を見に行ってきました。

yamabu june

歴代の森林伐採を逃れた巨木たちは、圧倒的な存在感で僕らを迎えてくれました。
千年以上も生きている彼らは、現代についてどう思っているのでしょうか?

ちなみに昨日は1日と言う事で、『山部』の日でした。
そうそう『山部』は6月より『山部』として活動します。
冬のように特殊な装備は必要はないので、みなさんのご参加お待ちしていますよ。
行き先やルートは参加メンバーのレベルに合わせて選ぶので、気軽にどうぞ。

山部と言えば、部長の渡辺雄太が来シーズンのHEART FILMSに出ます!
TEASERも届きましたので是非チェックしてみて下さい!
HEART FILMS vol.4 TEASER


スノーボードネタでもう一つ。
僕も乗っているGREEN LABの来季モデルが発表されました。
興味のある方は是非ご連絡くださいね。
質問でもなんでも結構ですよ。

注目は今期から初採用のWロッカーボード『鳥男』。
楽にパウダーに乗れると大好評です。
もちろんゲレンデや圧雪バーンでも問題無く乗れます。

GREEN LABのボードは物凄く良く走るんですよ、ほんとに。
もちろんwaxも念入りにかけていますが、シーズン通して新雪時もベチャ雪時もどのボード板よりも良く走りました。

良く走るボード、いいですよね!
自信を持ってお勧めしますよ。
そして何よりも胸を張って乗れる、素晴らしいスノーボードです。

GREEN LABと言えば、ロハスクラブのロハスデザイン大賞の「モノ」部門でノミネートされました。

残念ながら僕の告知が遅過ぎて投票は閉め切られてしまったのですが(すみません…。)、他にもいろいろ素敵な活動をしている人がいるのでロハスクラブのwebサイトもチェックしてみて下さいね。


さて、今日も雨。
何しようかな~。

Green Lake

2010/04/15 Thu

Green Lakeでカヤックをしてきました。
2010年、初出航です。

4greenlake2.jpg

4greenlake3.jpg 4greenlake4.jpg
4greenlake5.jpg 4greenlake6.jpg

ビーバー登場。

4greenlake7.jpg
4greenlake8.jpg
4greenlake9.jpg

本格的に春になってきましたね~。

4greenlake1.jpg

お互い春を満喫しましょう!
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

tac

Author:tac
理想のライフスタイルを追及する旅の途中のtacです。
日々楽しく、優しく過ごせるよう、研究に余念がありません。
冒険は一生やめられないなって、今さら気がつきました。
そして、愛と感謝の気持ちを忘れない、暖かい世界を夢見ています。

one love,one heart,one soul

旅の舞台はSquamish,BC,CANADAです。

最新記事
コメントありがとう!
Link & Friends
Search
Archives
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。