Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漕いで漕いで

2009/10/03 Sat

度々このブログに登場するGaribaldi州立公園。
その公園内にDiamomd Headという標高2620mの山があります。
普段はSquamishの街から、頭しか見ることのできないDiamond Head。
今回はその麓まで延びるDiamond Head TrailをMTBで登ってきました。

このDiamond Head Trailの特長は、何と言ってもほとんどが見晴らしの良い稜線を通っていること。
この辺りのトレイルは大半が森の中。
しかもこのトレイルはMTBで行けることもあり、前からかなり楽しみにしていました。
登って行くその正面には、Diamond Headを筆頭にGaribaldiの山々、振り返るとSquamishをはさんでTantalusの山々。
迫力のある素晴らしい景色達が、新たにペダルを漕ぐ活力となります。
Dhead1.jpgDhead2.jpg
Dhead3.jpgDhead4.jpg


息を切らすこと2時間、目的地Elfin Lakeに到着。
Dhead5.jpg

二つ並んだ可愛らしい湖の一つは飲料水用、もう片方は泳ぐ用だそうです(看板に書いてあった)。
来年の夏はここで泳ぎたい、そう思わせるくらい綺麗な湖でした。
Dhead6.jpg


簡単な昼食をとり、軽くあたりを探索。
ここには30人以上収容できるガスコンロ付きの山小屋があり、一年中この辺りのバックカントリーを楽しむ人たちに利用されています。
トレイルはこの先10km以上も続いているし、この辺りはまだまだ色々と楽しめそうです!
山小屋をベースに3泊くらいで、次回は行きたいですね。

そして待ちに待った帰り道。
登ってきたという事は降ります、当たり前ですが…。
11kmのダウンヒル!!
想像するだけでワクワクしませんか?

実際は想像以上に気持良く、楽しかった~!!
登るのに2時間かかったトレイルも下りはを30分。
冬のスノーボードのノリに似ていますね、2時間ハイクして30分のパウダーランみたいな感じです。
あまりの気持ちよさに、帰ってきてから会う人会う人にお勧めしています。
近いうちにもう一度行きたい!と思わせるくらい、すばらしく良かったです!!
Dhead7.jpgDhead8.jpg



そして翌日はBirkenhead Lakeへ。
Whistlerから北へ80kmほど行ったところにあるBirkenhead Lakeは、僕ら夫婦が初めてキャンプをした思い出の湖。
今回はカヤックを漕いで、湖の湖畔にキャンプを張りました。

秋晴れの中、誰もいない湖へボートを漕ぎ出します。
Bhead1.jpgBhead3.jpg

日差しは強いが、風は冷たい。
気候が強制的に秋を感じさせます。

キャンプ地はSockeye Creekの河口付近。
水の流れる音が心地よい、きれいなビーチです。
ディナーは鉄板焼き!
かまどを作り、豊富な流木を利用して火を焚きます。
鉄板焼きシェフは、オフでも研究に余念がありません(笑)。
Bhead4.jpg

夜はかなり冷え込みましたが、寝袋にくるまって満天の星空を眺めました。
星空はいつ見てもいいですね!
みなさんはいつも星空を眺めていますか?
忙しい毎日でも、星空を眺めるくらいの心の余裕は持っていたいものですね。

星に願いを!と思いながらずっと夜空を見上げていたら、首が痛くなりました…。
しかしその甲斐あって、2度ほど流れ星に願いを込めることができましたよ!

そして翌朝は早めに起床。
火を焚き、朝食の支度をしていると面白い現象が見られました。
Bhead5.jpgBhead6.jpg

僕らの焚いた火から出た煙が、湖の上を渡っていくのが分かりますか?
原因はよく分かりませんが、火を消したら無くなったので、僕らが起こした煙であることは間違いなさそうです。

そして湖に日が射して来た頃に僕らも出航。
朝の湖面は波もなく、穏やか。
Bhead7.jpgBhead8.jpg

森と山々が美しく湖面に映ります。

最後には白頭鷲も登場!
Bhead9.jpg

そんな感じで漕ぎに漕いだ3日間でした。
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

tac

Author:tac
理想のライフスタイルを追及する旅の途中のtacです。
日々楽しく、優しく過ごせるよう、研究に余念がありません。
冒険は一生やめられないなって、今さら気がつきました。
そして、愛と感謝の気持ちを忘れない、暖かい世界を夢見ています。

one love,one heart,one soul

旅の舞台はSquamish,BC,CANADAです。

最新記事
コメントありがとう!
Link & Friends
Search
Archives
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。