Happy Life

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORDINARY GARDEN 2011

2011/10/07 Fri

先日アナウンスさせてもらったイベントの詳細が決定したのでお知らせします。

sc_ordinarygarden-_convert_20111008165212.jpg

『ORDINARY GARDEN 2011』

OFFICIAL WEBSITE:http://ladeclothing.com/OrdinaryGarden2011/page2

以下OFFICIAL WEBSITEより抜粋。

震災から半年、今まで通り不自由のない便利な生活の中では実感しにくい原発や放射能汚染の問題。山で遊び、山で生きる人達の感じる環境問題。エネルギー問題や何かおかしい世の中の仕組み。
気軽に集まれる僕たちのごく普通の庭Ordinary Garden。ごく普通の僕たちが普段の生活から見る社会の矛盾やおかしなこと、正すべきことを各々の目線で楽しくもまじめに語り、話し合い、意識や興味を広げる場を作りたい。子供達の明るい未来のために、大きなことはできなくても、まずは一歩を踏み出しましょう。
展示やSHOPだけではなく、ディスカッションやトークショー、音楽LIVE、ワークショップなどを計画中です。おいしく安全なフードとドリンク出店もありますよ!

『Wunight2007』から4年
北米最大のスノーリゾート、ウィスラー(カナダ)。
ウィスラーという地で交差した多様な者たちが数年後再集結し、仲間が何を感じながらどう表現し生きているのか、もう一度刺激を受け合おうという趣旨で『Wunight2007』を2007年に東京・渋谷で行ないました。多方面でのお互いの活動が新たな刺激となり、また新たな活動や気持ちが芽生えたイベントでした。
そこから4年、さらにつながりを広げ今までやってきた事を通じて、僕らにできること、社会での役割、あり方などにもクローズアップし、この『Ordinary Garden 2011』を開催いたします。


こんな感じです。

長野・菅平で待ってますよ!
皆さんのブログやHPでの紹介・告知、よろしくお願いします!

one love!!

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

11/5 イベント開催!!

2011/09/26 Mon

11月5日、長野・菅平にて『WU-NIGHT 20011(仮)』が決定しました。
時間が無いのでまだ名前も正式に決まっていませんがアナウンスさせてもらいます。

『WU-NIGHT 20011(仮)』

日時:2011年11月5日、11:00~19:00
場所:長野県、菅平高原、プチホテルゾンタック
入場料:未定

 前回のWU-NIGHTから4年、今回は僕らの意識や考え、世の中での役割などにもクローズアップしたイベントを行ないたいと考えています。
 環境問題、原発やエネルギー問題なども避けては通れない主題材の一つです。
 前回のイベントのつながりをさらに広げ、多くの人に仲間の気持ちや現状を素直に聞く事で、意識や関心をより多くの人に持ってもらうことが今回一番の目的です。
 子供達の明るい未来のために、大きなことはできなくてもその一歩となる多くの人に意識や関心を持ってもらうイベントの開催は、とても意義のあることだと考えています。
 つながりを広げ、仲間たちが普段の生活から見る社会の矛盾やおかしなこと、正すべきことを各々の目線で楽しくもまじめに語り、発信し、多くの人に伝えることができたらと思っています。
 イベントの形式は展示だけではなく、ディスカッションやスライドを使ったトークショー、音楽LIVEなどもありますよ!

出展者の詳細などは近日中に発表します!
もちろん前回参加しなかった方でもご参加頂けます!
また、出展者を募集しています。
みんなの仲間で今回のイベントに賛同して頂ける方、紹介して下さい。

イベント自体は1日のみの開催ですが、お時間に余裕のある方にはホテル別館をご案内できます。
宿泊料金は1泊2食付き8000円、1泊朝食付5500円です(子供料金設定交渉中)。

ちなみに我が家は家族3人で泊まる予定です。
皆さん夜も楽しみましょう!!


というわけで1カ月ほど日本へ戻ることになりました。
震災から半年が過ぎた日本。
この半年間で分かったことは、政府・東電・大手メディアは自分たちの利益のみを優先し、国民のことは二の次であるということ。
だから僕らはもっと自分の国の未来について考えなくてはならないということ。

原発は毎日フレッシュな放射能を撒き散らしているのに、政治家たちは毎日足の引っ張り合い。
国がそんな状態なのに『円高』なのは、決してこの国を動かしている人たちが優秀だからではない。
良くも悪くも優秀すぎる国民だからだ。

先日、20代の若者たちが経済産業省の前で原発ゼロを訴え、将来を想うハンガーストライキを決行しました。
詳しくは、こちらから
十代の若者が声を上げアクションを起こしているのに、なぜ大半の大人たちは相変わらず傍観者のままなんだろうか?
最近は反原発デモに6万人が集まるなど、反原発は一つの大きなムーブメントになりつつある。
東京の人口を考えると6万人は少ない気がしますが、今までの日本を考えると6万人という数はかなり多い数。
それだけの人々が、反原発を訴え、将来に不安を抱いているということですね。
子供たちの未来、日本の未来の為に僕らがやらなくてはいけないことを真剣に考え、語りましょう。

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

ご無沙汰しています

2011/09/25 Sun

どーも!
久しぶりのブログになってしまいました。
特に理由はないですが、何となく書かないうちに秋になってしまいました。
Facebookの存在が大きいかもしれませんね、写真もたくさんupできるし。
色々写真を載せてるので、よかったら見て下さい。

Summer 2011
Daichi 1-4month
Road Trip
親バカアルバム
2011 Snowboarding

最近は山に雪が付くようになってきました!
今年もまだラ・ニーニャが続くみたいだし、2011,12シーズンも期待できそうですね!!

でも冬にワクワクする前に、夏を振り返らせて下さい。

まず7月は天気が悪く、寒い日が続きました…。
ただでさえ短い夏なのに。

そんな7月に日本からやってきたのが、『あこ』10歳。
奥さんの姪っ子です。

2011 aco1

ブログに載せてくれと言うリクエストがあったので、載せちゃうぜあこどん。

10歳の女の子の目に僕らの生活、カナダはどう映ったのか?
あこの未来に、何か良い影響があったら嬉しいね。

逆に僕はあこから、『子供の目線』というものを学びました。
色々と子供の事を思っていても、それは大人の目線、大人の都合であったりすることが多々あります。
色々してあげたいと思うことも大切だけど、臨機応変に子供の目線に立って物事を考えてみることも大切なんですね。
まぁ当たり前のことなんでしょうが、この先の子育ての為にあこが教えてくれたのかなーなんて思っています。


子育てと言えばうちの大地様。
早5ヶ月、体重9kg!!
おかげさまで順調に、風邪もひかず、色黒に育っております。

2011 daichi summer1

もうムチムチ感がたまりません。
しかしものすごい速さで成長していきますね…。
もう少しゆっくり育ってくれればいいのにと思う今日この頃です。


それから、念願のサーモン釣りに行ってきました!

2011 salmon

サーモンは期待していた程ではなかったですが…。

2011 orca

オルカ(シャチ)に遭遇!!
いやーいるんですね、ほんとに。
この瞬間が一番興奮しましたね、サーモンがヒットした時より…。


そんな感じの夏でした。
相変わらず短い夏でしたね…。
皆さんの夏はどうでしたか?

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

日本の原発を勝手に紹介

2011/06/24 Fri

日本列島を取り囲むように存在する原発。

個人的に知りたかったので、日本にある原発を書き並べてみた。
ちょっと長いけど、稼働してからの重大事故や問題点なども合わせて記してある。

ちょっと調べただけでも、2000年以降に起きた事故だけで100件弱になる。
被ばく事故から放射能漏れ、情報の隠ぺいや故障等…。
そして今回の福島第一原発。

それでも原発を推進し続ける日本。
今声を上げ立ち上がらないと、また同じ道を進むことになってしまう。


<以下、日本に存在する原子力発電所及び貯蔵施設>(順不同、間違いや抜けてるものがあったらごめんなさい)


1.北海道電力、泊発電所(北海道、古宇郡泊村)
 2010年11年と立て続けに被ばく事故。3基中、2基稼働中。3号機プルサーマル発電予定。

2.電源開発(株)、大間発電所(青森県、下北郡大間町)
 建設中。2014年11月運転開始予定。

3.東北・東京電力、東通原子力発電所(青森県、下北郡東通村)
 今回の震災で外部電源を喪失。さらに余震でも一時外部電源が途絶えた。1基稼働中、1基建設中、2基計画中。

4.日本原燃(株)、六ヶ所村核燃料再処理施設(青森県上北郡六ヶ所村)
 今回の震災で外部電源を喪失。営業運転はしていないが、すでに原発よりも多くの放射性物質が放出されている。

5.東北電力、女川原子力発電所(宮城県、牡鹿郡女川町)
 2010年に放射能漏れ事故。今回の震災で1号機の外部電源を喪失。余震では冷却機能が一時停止する事態も。3基全て停止中。

6.東北電力、浪江・小高原子力発電所(福島県、南相馬市・双葉郡浪江町)
 計画中。2020年度運転開始予定。

7.東京電力、福島第一原子力発電所(福島県、双葉郡大熊町、双葉町)
 1号機は操業開始から今年で40年。1978年には日本初の臨界事故、公表されたのはなんと2007年!今回の震災で1,3号機が水素爆発。広範囲に放射能が飛散、同時に高濃度の放射能汚染水が海へ流出。6基停止中、2基計画中。

8.東京電力、福島第二原子力発電所(福島県、双葉郡富岡町、楢葉町)
 今回の震災でポンプが破損し、冷却機能が一時喪失。4基全て停止中。

9.日本原子力発電(株)、東海発電所(茨城県、那珂郡東海村)
 日本初の商業用原子炉。1998年に運転終了。2014年原子炉解体予定。

10.日本原子力発電(株)、東海第二発電所(茨城県、那珂郡東海村)
 2010年に配管の誤接続が見つかり、トリチウムを含む水が運転開始時から32年間発電所外に排水されていたことが発覚。今回の震災で原子炉が自動停止。その後放射性物質を含む廃液を放水口から放出。1基。

11.東京電力、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県、柏崎市、刈羽郡刈羽村)
 過去に事故の隠ぺいと点検記録の隠ぺいが発覚。2006年には作業員の被ばく事故。2007年の中越沖地震により全ての原子炉が緊急停止したが、3号機で火災、6号機の使用済み核燃料プールから放射性物質を含む水が海に流出。7基中4基稼働中。

12.中部電力、浜岡原子力発電所(静岡県、御前崎市)
 中部電力唯一の原発。巨大地震が直撃する地域であり、津波やもろい岩盤と危険性が叫ばれてきた。2009年には作業員34名が被ばくする事故。3基停止中、1基計画中、2基廃炉へ。

13.北陸電力、志賀原子力発電所(石川県、羽昨郡志賀町)
 北陸電力唯一の原発。1999年に臨界事故があった事を2007年まで隠ぺい。2基停止中。

14.日本原子力発電(株)、敦賀発電所(福井県、敦賀市)
 一号機は日本最古の商用原子炉で稼働42年目!過去に放射性物質を含む廃液が漏れていた事、原子炉ポンプなどが運転開始以来40年間も検査していなかった事、緊急炉心冷却システムの一つが機能していない状態で一ヶ月間運転していたことが発覚。今月にも5月に放射性ガスが漏れた問題で配管を運転開始以来点検していなかった事が発覚。2基停止中、2基計画中。

15.独立行政法人日本原子力開発機構、もんじゅ(福井県、敦賀市)
 燃料にはウランにプルトニウムを加えたMOX燃料を使い、消費した燃料より多くのプルトニウムを生成するという構造。1995年にはナトリウム漏れ事故、その後15年間運転停止。2010年には原子炉内の作業中に装置落下事故。事故の収拾の見通しは未だ立っておらず、停止中も維持費に一日5500万円の国費がかかるとされている。もんじゅで使用されるMOX燃料は茨城県東海村の日本原子力開発機構から常磐自動車道・首都高速道路・東名高速道路・名神高速道路・北陸自動車道を通って運ばれる。

16.独立行政法人日本原子力開発機構、ふげん(福井県、敦賀市)
 2003年に原子炉停止、廃炉作業中。35年かけて解体される。

17.関西電力、美浜発電所(福井県、三方郡美浜町)
 1号機は国内で2番目に古く41年目だが廃炉の計画はない。2号機は38年目、3号機は35年目。2004年には蒸気漏れ事故で作業員5名が死亡。国内の原発では初めての死亡事故。3基中1基稼働中。

18.関西電力、大飯発電所(福井県、大飯郡おおい町)
 1,2号機の老朽化、津波の被害を受ける立地、耐圧性の低い格納容器と不安材料が多い。4基中3基稼働中。

19.関西電力、高浜発電所(福井県、大飯郡高浜町)
 過去にデータの改ざんなど。1998年に3号機と4号機でプルサーマル計画が開始されたが延期。今年1月に1号機でプルサーマル運転開始。4基中3基稼働中。

20.中国電力、島根原子力発電所(島根県、松江市)
 日本で唯一県庁所在地にある原発。2010年には点検漏れや不備のある機器が合計1665件と判明。1号機は稼働から35年。2基中1基稼働中、1基計画中。

21.中国電力、上関原子力発電所(山口県、熊毛郡上関町)
 計画建設中。町を二分した賛成派と反対派の争いが続いているが、震災後に山口県知事が事実上の中止を要請。工事は一時中断されているが、地質調査や環境監視調査は続いている。

22.四国電力、伊方発電所(愛媛県、西宇和島郡伊方町)
 四国電力唯一の原発。1号機は稼働から33年、蒸気発生器細管の損傷など問題は多い。3号機では去年からプルサーマル発電が開始されている。3基中2基稼働中。

23.九州電力、玄海原子力発電所(佐賀県、東松浦郡玄海町)
 3号機で国内初のプルサーマル発電を開始したが、1年後にトラブルにより停止。4基中2基稼働中。

24.九州電力、川内原子力発電所(鹿児島県、薩摩川内市)
 2010年点検中に作業員7名が火傷、1人が死亡。事故がなくとも特に環境破壊がひどい事で知られ、放水口がある海岸では20匹のサメ、数百匹のエイやダツが死亡漂着し、下流にあたる場所ではワカメ・ヒジキ・テングサが全滅。原発稼働後から漁獲高が激減し、定置網やタイ網は廃業に。2基中1基稼働中、1基計画中。計画中の3号機は日本最大の出力を有する。

村上春樹さん

2011/06/12 Sun

ティラピアスペイン、カタルーニャ国際賞授賞式での村上春樹さんのスピーチの全文です。
見てもらいたのでブログに載せちゃいます。

スピーチ①→http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html
スピーチ②→http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040019000c.html 

ちなみにこれは毎日新聞のWEBから。
視てないですけど、YouTubeにはTV朝日の動画がありました。

日本では授賞式とスピーチがTVニュースになっていたようですが、肝心なところは報道されていないようですね。
相変わらずで残念です…。


イタリアではかつて放棄した原発の再開を問う国民投票が行われていますが、こちらもメディアが原発推進派に牛耳られているため投票率が達成されるかが焦点になっています。

原発推進派メディア王ベルルスコーニ首相。
僕の大好きなイタリアのサッカーチーム、ACミランのオーナーでもあります…。
田中龍作さんがブログのなかで、マスコミを使った世論操作が日本のナベツネのようだと言ってたけど、まったくその通りですね。

負けないで頑張って欲しいですね、イタリア。

イタリアから世界へ、反原発の大きな流れが始まってくれる事を期待しています。



<追記(6/13)>

イタリアの出した答えは『反原発』でしたね。

日本も続きましょう!

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

tac

Author:tac
理想のライフスタイルを追及する旅の途中のtacです。
日々楽しく、優しく過ごせるよう、研究に余念がありません。
冒険は一生やめられないなって、今さら気がつきました。
そして、愛と感謝の気持ちを忘れない、暖かい世界を夢見ています。

one love,one heart,one soul

旅の舞台はSquamish,BC,CANADAです。

最新記事
コメントありがとう!
Link & Friends
Search
Archives
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。